mandai365.net

photo
万代栄嗣と話そうへのリンク プロフィールへのリンク コラムへのリンク 講演依頼へのリンク 出版・音楽 リンクページへのリンク

万代栄嗣と話そう。
たくさんのご意見・ありがとうございました。
次回のテーマは「スポーツ」です。
テーマに沿っていればなんでもいいですよ。
健康のためにマラソンをやっている・・・。もっぱら野球やサッカー観戦。などなど
皆様の「スポーツについて」言いたい事、聞きたいことを、お聞かせください。

>> 「万代栄嗣と話そう」にメールを書こう。

お手軽なものだけでなく! 2013年3月24日

私たちの食生活にインスタント・ラーメンやレンジで“チン”すれば良いだけの食品が登場して、もう相当な年数になりました。最近では、食べるだけではインスタントや冷凍食品だと分からない、本当においしいものも増えています。しかし、ある研究によれば、日本人の食事が一番健康的だったのは1975年頃だったということ。今の方がおいしいものが揃っているかもしれません。脂肪分や糖分などが多かったり、カロリーが高すぎたり、野菜不足だったりで、実際は今から35年〜40年前にお母さんたちが毎日手作りで食事を作ってくれていた頃の食事の方が、野菜や魚も多く摂れ、健康のためにはバランスの取れた食事だったのだそうです。

手軽さや便利さが追求されて、何事も本当に便利な時代になりましたが、やはり手間暇を惜しまず、しっかりと作り上げたものの価値を忘れてはなりません。生活のための食品や衣料品などだけでなく、私たちが求めているはずの幸せそのものも、“お手軽”だけでは手に入らないものです。

日本人はもともと占い好きで、今でも、週刊誌やテレビのワイドショーなどには、必ず占いや運勢のコーナーがあります。最近の女性誌などでは、手軽に幸せになるために、“理想の手相を手に描く”特集や“幸せになる手相になるためのマッサージ”などの記事が載っているそうで、余りにも安易な発想にびっくりしてしまいます。それどころか、整形手術が大流行の韓国の影響で、自分の手相の“運命線”“結婚線”“恋愛線”“金運線”などを手術で変えてしまおうという人たちが近頃は増えているのだとか…。

その程度の表面的な幸せの求め方で良い人生なのか、それとももっとしっかりと向き合うべきもなのかを、もう一度真剣に考えてみたいものです。もちろん、私がお勧めするのは、しっかりと神様を信じる信仰のある生活。私たちの心や魂、霊の部分にまで行き渡る、本当の救いは、救い主イエス・キリストの十字架のみわざによる以外にはないことを、しっかりと受けとめる真剣さが必要です。

主キリストは、ご自身のいのちまで献げるという、実に重く重大な行動によって私たちを救ってくださいました。“お手軽”でいい加減で済ませられるものではありません。私たちの人生を、神様がそれほどまでに真剣に考えてくださり、救い主の大きな犠牲によって実現した救いを、私たちは自分自身の心と信仰で、しっかりと受けとめたいと思います。主キリストの十字架を心から感謝しましょう。

万代栄嗣

バックナンバーを読む⇒